【費用対効果バツグン】LINEのリッチメニューのデザイン作成方法

LINEのリッチメニューは、利便性と効果性で注目を集めています。

無料で活用できるリッチメニューは、ビジネスオーナーやマーケターにとって費用対効果が非常に高いツールです。

リッチメニューを使用することで、顧客との直接的なコミュニケーションが強化されるだけでなく、顧客が簡単にサイトやサービスへアクセスできるようにしてくれます。

この記事では、魅力的でユーザーフレンドリーなリッチメニューのデザインを作成するための方法や、効果を出すポイントを解説します。

目次

LINEのリッチメニューのデザインの作成方法

まずは、LINEのリッチメニューについて解説します。

リッチメニューの理解を深めましょう。

LINEのリッチメニューとは?

LINEのリッチメニューは、LINE公式アカウントのトーク画面下部に表示される、最大6つのボタンで構成されたメニューです。

通常のメニューよりも情報量が多く、ユーザーにさまざまな情報の提供や、アクションを促せます。

リッチメニューは、トーク画面下部に無料で設定可能です。

リッチメニューを設置することで、反応率を高め、ユーザーに自社製品やキャンペーンを効果的に宣伝できます。

オリジナルのデザインを用いることで、ブランドの魅力を直接顧客に伝えられるでしょう。

配置、アクションの選択、魅力的な画像の設定を通じて、ユーザーが直感的にナビゲートできるメニューを作成することが重要です。

ここからは、リッチメニューの基本的な作成方法を詳しく説明します。

リッチメニューの作り方【1】配置を決める

リッチメニューの作成を始めるにあたり、まずはメニューのレイアウトを計画することが重要です。

LINEでは、リッチメニューのためのさまざまなテンプレートとアクションが用意されており、これらを利用してメニューをカスタマイズできます。

テンプレートには「大」と「小」の2つのサイズで、それぞれに異なる分割パターンが設定されています。

大きなテンプレートには7つのパターン、小さなテンプレートには5つのパターンがあります。

ビジネスのニーズに最も適したテンプレートを選んでください。

例えば、多くの情報を一度に提示したい場合は、「大」サイズのテンプレートを選択すると良いでしょう。

一方、シンプルで直接的なアプローチを好む場合は、「小」サイズが適しています。

テンプレートを選択した後は、メニューに含めるアクションを考えましょう。

リッチメニューの作り方【2】各配置のアクションを決める

配置を決定したら、各ボタンに割り当てるアクションを考えます。

アクションは、ユーザーがメニュー項目をタップしたときに実行される動作であり、LINE内でのメッセージ送信、外部サイトへのリンク、アプリ内での特定の機能の実行などがあります。

利用可能なアクションには、以下の種類があります。

  • リンク:ユーザーをホームページや特定のウェブページへと導くリンクへ遷移します。
  • クーポン:LINEで作成したクーポンをユーザーが確認できるようにします。
  • テキスト:特定の文字メッセージを送信でき、自動応答などと組み合わせて利用されることがあります。
  • ショップカード:LINEで作成したショップカードを表示し、ユーザーが詳細を確認できるようにします。
  • 設定しない:タップしても何も起こらない設定も可能ですが、ユーザー体験を向上させるためには、有効なアクションを設定することが推奨されます。

アクションを選択する際は、リッチメニューを通じてユーザーにどのようなアクションを促したいか、またそのアクションがビジネスの目標にどのように貢献するかを明確にすることが大切です。

例えば、製品の購入を促したい場合は「ショップカード」や「リンク」アクションを、イベントやプロモーションの情報共有を目的とする場合は「テキスト」アクションの設定が効果的です。

リッチメニューの作り方【3】画像を設定する

リッチメニューの魅力を最大限に引き出すためには、視覚的な魅力が不可欠です。

LINEはリッチメニューにカスタム画像を設定できるため、ブランドのイメージを反映させたデザインを用意しましょう。

画像は高解像度であること、そしてメニューのボタンと調和することが重要です。

画像内にテキストを含める場合は、読みやすさを確保するために十分なサイズとコントラストを持たせましょう。

画像をリッチメニューに設定する際、無料のデザインツール「Canva」を活用できます。

Canvaは、リッチメニュー用のおしゃれなテンプレートが多数用意されており、専門知識がない人でも簡単に高品質な画像を作成できる点が魅力です。

Canvaを利用することで、メニュー項目ごとに異なるアイコンを作成したり、全体のデザインテーマに合わせた画像を選ぶことが可能になります。

リッチメニューに画像を設定することは、必須ではありませんが、ユーザーの注意を引きつけ、興味を持ってもらうために非常に効果的です。

オリジナルの画像やアイコンを活用し、Canvaなどのツールを使って、魅力的で機能的なリッチメニューを作成しましょう。

ユーザーエンゲージメントの向上とブランド価値の強化が期待できます。

リッチメニューで効果を出すポイント

LINEのリッチメニューは、顧客との直接的なコミュニケーションを強化し、ビジネスの成果を向上させるための強力なツールです。

しかし、このツールを最大限に活用するためには、効果的なリッチメニューの設計が欠かせません。

ここでは、リッチメニューを通じて実際の成果を出すための重要なポイントを紹介します。

統一感をもたせる

リッチメニューのデザインにおいて最も重要なのは、ブランドのアイデンティティに合わせた統一感を持たせることです。

色使い、フォント、画像スタイルなど、ビジュアル要素全体がブランドのイメージと一致している必要があります。

統一感のあるデザインは、ユーザーに安心感を与え、ブランドへの信頼性を高めるでしょう。

また、視覚的な一貫性は、ユーザーがリッチメニューを操作する際の理解を助け、迷わずに必要な情報や機能へアクセスできるようにします。

ターゲットにあったデザイン

リッチメニューを設計する際には、ターゲットとなる顧客層を明確に理解することが重要です。

顧客の年齢、性別、興味、ニーズなどを考慮して、彼らに響くデザインを選びましょう。

例えば、若年層をターゲットにする場合は、明るくてポップな色使いや動的な画像を採用すると良いでしょう。

一方、ビジネス向けサービスでは、よりシンプルでプロフェッショナルなデザインが適しています。

ターゲットに合わせたデザインは、ユーザーの関心を引き、エンゲージメントを高める効果があります。

売り上げにつながるアクションを設定

リッチメニューの最終的な目的は、ビジネス成果、特に売り上げの向上させることです。

そのためには、ユーザーが実際に行動を起こすよう促すアクションを設定することが不可欠。

これには、商品やサービスの購入、予約、お問い合わせなど、直接的なビジネス成果につながるアクションを前面に出すことが重要です。

また、限定オファーやクーポンの提供など、ユーザーの関心を引き、即時性を促すアクションも効果的です。

アクションの設定にあたっては、ユーザーがスムーズに目的の操作を完了できるように、明確でわかりやすい案内を心がけましょう。

リッチメニューの重要性

リッチメニューを設置するメリットは多岐にわたり、クリック率の向上、メッセージ数の節約、そして費用対効果の高さは、ビジネスにとって大きな価値をもたらすでしょう。

ここからは、リッチメニューの重要性について解説します。

クリック率が高い

LINEのリッチメニューがビジネスにとって非常に重要な理由の一つが、クリック率が高いことです。

リッチメニューはトーク画面の3分の1以上を占めるため、ユーザーがアカウントを開いた瞬間から非常に目立ちます。

この目立つ配置により、ユーザーはリッチメニュー内の項目を自然とクリックしやすくなるのです。

クリック率の高さはビジネスがユーザーをホームページや予約ページ、メンバーカードなどの特定のアクション先へと誘導するのに理想的な環境を提供します。

ユーザーが求める情報やサービスへ直接アクセスできるようにすることで、エンゲージメントを高め、目的のアクションの遂行確率を上げられます。

ただし、リッチメニューを最大限に活用するためには、設定に注意が必要です。

リッチメニューがユーザーに常に表示されるようにするためには、メニューのデフォルト設定で「常に表示する」オプションを選択する必要があります。

この設定を確実に行うことで、ビジネスはリッチメニューを通じて、より多くのユーザーに自社のサービスや製品を効果的にアピールできるようになります。

メッセージ数の節約

LINE上でのマーケティング活動において、メッセージ数は重要な要素の一つです。

特に、メッセージの送信数には上限があり、読まれないメッセージは送信可能枠の無駄遣いにつながります。

またキャンペーン情報やセール情報など、顧客に伝えたい最重要メッセージは頻繁に更新されます。

最新情報を積極的に配信しようとすると、自然とメッセージ送信数が増えてしまいがちです。

しかし、リッチメニューを利用することで、これらの情報を効果的にユーザーに訴求することが可能になり、メッセージ送信数の削減につながります。

リッチメニューの最大の利点の一つは、画像の変更回数に制限がなく、設定できる画像も自由であることです。

これにより、ビジネスは常に最新のプロモーションや情報をリッチメニューを通じて直接ユーザーに提示できます。

その結果、メッセージを送ることなく、ユーザーの注意を引きつけることができるのです。

このように、リッチメニューを活用することで、メッセージ数を節約しながらも、顧客とのコミュニケーションを維持し、最新情報の提供を続けられます。

リッチメニューの設置はメッセージの上限に悩むビジネスにとって、非常に価値のある解決策といえるでしょう。

費用対効果が高い

リッチメニューは、LINE上で無料で利用できる機能であり、これによりビジネスは追加のコストをかけずに顧客エンゲージメントを高められます。

設定可能な画像は自由に選択でき、画像の変更回数に制限がないため、キャンペーンやプロモーションの内容が頻繁に変わるビジネスにとっても理想的です。

追加料金がかからずにこれらの変更を行えるため、コストを気にすることなく、常に最新の情報やオファーを顧客に提供できます。

また、リッチメニューはアカウントの種類や料金プランに関係なく、すべてのビジネスに利用可能です。

小規模ビジネスから大企業まで、あらゆる規模のビジネスが等しく利益を得られるでしょう。

リッチメニューを利用することで、ビジネスは顧客とのコミュニケーションを強化し、ブランドの認知度を高めることができるだけでなく、無料で設置できるため、投資対効果が非常に高いといえます。

コストを抑えつつ最大限のマーケティング効果を実現するために、リッチメニューの活用は非常に有効な戦略です。

まとめ

LINEのリッチメニューを駆使することで、ビジネスは顧客エンゲージメントの向上とコストパフォーマンスの最適化を実現できます。

本記事で紹介したデザイン作成のポイントを活用すれば、効果的なリッチメニューを無料で作成でき、ビジネスの価値を高めることが可能です。

統一感のあるデザイン、ターゲットに合わせた内容、そして売上に直結するアクションの設定が、成功への鍵です。

これらを実践することで、費用対効果の高いマーケティング戦略を展開しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次