LINE公式アカウントの顧客管理におすすめのCRMツール6選!

LINE公式アカウントを活用して、顧客管理をもっと効果的にしてみませんか?

この記事では、LINEでの顧客管理を強化するための優れたツールを6つ紹介します。この記事を読めば、あなたのビジネスに合ったなツールを見つけることができ、顧客管理を今よりももっと便利にすることができます!顧客管理を効率化してビジネスを加速させましょう。

目次

LINE顧客管理のメリット

LINE顧客管理 メリット

オンライン上で簡単に接客できる

LINEの顧客管理ツールを使用することで、お客様からの問い合わせを一元管理でき、素早く対応できるようになります。

例えば、よくある質問に対しては、あらかじめ用意したテンプレートを用いることで、返信の効率化ができます。これにより、顧客サービスのスピードと品質が向上し、顧客満足度の高いサービスを提供することが可能になります。

また、オンライン接客を通じて得られるお客様のフィードバックは、サービス改善のための貴重な情報源となります。

顧客管理が簡単&正確にできる

LINE公式アカウントを活用した顧客管理は、シンプルさと精度でビジネスの効率を大きく向上させます

顧客情報の整理と管理が容易になり、素早く正確に必要なデータを検索・活用できるようになります。それぞれの顧客に合わせた対応が可能となり、顧客満足度の向上に直結します

購買履歴や好みを的確に把握することで、マーケティング戦略の質を高めることが可能になり、誤った顧客対応によるリスクも減少します。さらに、顧客の反応や傾向をリアルタイムで分析することで、より効果的なコミュニケーション戦略を立てることができます。

LINE公式アカウントを用いた顧客管理は、顧客との関係を深め、ビジネスの成長を促進するための重要な手段となります。

楽に返信できる

LINE顧客管理ツールは、お客様からの問い合わせに対して迅速かつ効率的に対応することができます。

例えば、上でも挙げましたが、よくある質問に対するテンプレートを事前に設定することで、同様の問い合わせがあった際には、テンプレートを使用して即座に返信することができます。迅速な対応は、顧客満足度の向上に直結し、同時にスタッフの作業負担を減らします。

さらに、個別の顧客に合わせて、カスタマイズされた返信も簡単に行えるため、よりお客様に合わせたサービスを提供することができます。

このように、LINE顧客管理ツールを活用することで、効率的かつ効果的な顧客対応が実現でき、ビジネスの運営をスムーズに行うことができます。

LINEの顧客管理に役立つツール

LINE 顧客管理 ツール

①MicoCloud

MicoCloudは、LINE公式アカウントを活用し、お客様一人ひとりの属性や趣味嗜好などに基づいた配信・ナーチャリング(顧客育成)ができるサービスです。

MicoCloudの特徴は、顧客データの深い分析能力にあります。

顧客の行動履歴や好みを詳細に追跡し、収集した情報に基づいてカスタマイズされたコミュニケーションが可能。

また、MicoCloudは自動応答システムや顧客ごとの対話履歴の管理など、顧客サービスの質を向上させるための機能が充実しています。

さらに、初心者でも簡単に操作することができ、顧客管理の効率化を図りつつ、スタッフの作業負担を減らすことができます。

以上の点からMicoCloudは、顧客管理をより強化するツールとして、多くの企業や個人事業主に適しています。

②Liny

Webマーケターに最適なMAツールとして開発されたLinyは、LINE公式アカウントの配信、運用、管理を行ってくれるツールです。

Linyの特徴は、友だちをタグでカテゴライズする機能の充実にあります。

会員や非会員、性別、店舗、年代、担当スタッフ、購入商品など無制限にタグ付けが可能です。

さらに、質問の回答に基づいて自動でタグを付与する機能も備えています。

また、お客様の対応をより強化するために、「未対応」「要対応」といった対応マークの設定が可能です。

運用時のスタッフ権限管理機能もあり、複数人による管理のスムーズな運用を支援してくれます。

他にも、回答フォームでの情報取得やクリックなどの反応でスコアリング、取得した情報のCSV出力など、従来の公式LINE管理ツールには無い強力な機能も魅力的です

③カスタマーリングス

EC通販やBtoCサービス向けのCRM/MAツールとして豊富な実績のあるツールです。

カスタマーリングスは、多彩な分析機能を備えており、顧客データを基にしたセグメント作成やお客様に合わせた配信が可能。

LINE ID連携機能により、顧客情報との紐づけが可能です。これにより、ターゲットを絞った配信ができたり、簡単にLINEのシナリオ配信ができることも魅力的です。

リッチメッセージやカードタイプメッセージにも対応しており、メニュー画面の構成やリンク先を顧客に合わせることで、より顧客満足度の高い運用が可能になります。

また、ツール導入時の操作トレーニングやオンラインサポートや勉強会など、自社で運用していくためのサポートが手厚いことも魅力的です。

④Kit-Curu

実店舗の集客と販促に特化したLINEマーケティングツールです。

Kit-Curuは、システム導入や複雑な初期設定が不要で、ノーコードでLINEミニアプリの作成や機能追加が可能です。そのため、マーケティング知識がない方でも、効果的なキャンペーンを簡単に設計・実施できます

Kit-Curuの主な特徴は、様々なキャンペーンが簡単に実施できることです。

初回限定クーポン、限定クーポン、友達招待キャンペーン、抽選キャンペーンなど、顧客の段階に合わせてキャンペーンを実施できます。

キャンペーンの実施結果は、クーポン配布数の利用割合、来店者数、リピーター獲得率などを通じて計測・分析が可能です。

また、スタンプカード機能やリマインド通知なども搭載しており、実店舗への集客増加や販促活動の手助けになるでしょう。

⑤Ziinie

飲食店向けの優れたLINE運用ツール「Ziinie」です。

Ziinieは、QRコードを読むだけでスタンプカードに押印できる機能や、利用頻度に応じて会員ランクを設定できる機能など、リピート率を高める機能が豊富にあります

特に注目すべきは、LINEメッセージの完全自動配信機能。

お客様の登録情報を取得し、クーポン配布やリマインドメッセージを自動配信することができます。

クーポンの自動配布は運用の手間いらずでリピート客を増やすことができます。

また、顧客の来店状況やクーポンの利用状況などをダッシュボードで確認することができ、マーケティングにも役立ちます。

集めたデータは全てCSV形式でダウンロード可能で、他マーケティングツールと併用することで分析などにも活用できます。

LINEでの顧客管理におすすめしたいツール「エルわか」

LINEの顧客管理におすすめツール「エルわか」

「エルわか」の顧客管理機能とは

エルわかは、従来の公式LINE管理ツールには無い、顧客管理機能がたくさんあります。

通常、公式LINE管理ツールでは、お客様から問い合わせが無いと相手の情報を見ることができませんが、エルわかは、友だち追加だけでユーザーの情報を見ることが可能です。また、流入経路を解析することもでき、どういった経緯で登録した顧客かを管理することができます。

属性別配信では、診断やアンケートでユーザーを属性分けして管理することができ、属性に合わせたメッセージ配信ができます。

他にも、販売機能も搭載しており、決済システムと連動することで、集客から販売までのプロセスを一元管理できます。

エルわかの顧客管理機能は、従来の公式LINE管理ツールには無い優れた機能が多く、より効果的に顧客管理を行うことができます。

顧客管理機能だけじゃない!「エルわか」の機能

エルわかには、顧客管理だけでなく以下のようにたくさんの機能が搭載されています

  • LINEステップ機能:友だち追加後の経過日数に応じた配信が可能。
  • シナリオ分岐:ユーザーの反応に応じて配信内容を分岐させる。
  • 属性別配信:ユーザーを属性で分け、ターゲットに合わせた配信を実施。
  • 販売機能:決済システムとの連動による商品の販売。
  • 顧客管理・分析機能:ユーザー情報や流入経路の詳細な分析。
  • 予約機能:予約が必要なビジネス向けの管理機能。
  • 自動メッセージ返信:問い合わせ内容に応じた自動返信機能。

エルわかがおすすめの理由は、その多機能性と効率化にあります。

シナリオ分岐により、お客様に合わせた対応が可能であり、それによって訴求力の高いコミュニケーションを実現することができます。

さらに、商品の販売から顧客管理、分析までを一つのツールで一元管理できるため、運営を効率化できます。

また、予約が必要なビジネスにおいては、予約管理機能で作業の簡素化を実現します。

注目したいのが、エルわかでは、メッセージをどれだけ配信しても料金が変わらないという点。

一般的に、メッセージ配信は、月間配信数によって料金が加算されますが、エルわかであれば追加費用を気にする必要がありません。

エルわかは、顧客管理の効率化や効果的なマーケティングだけでなく、追加料金を気にすることなくメッセージを配信することができるため、全ての事業者にオススメです。

まとめ

本記事では、LINE公式アカウントを活用した顧客管理に役立つCRMツール6選を紹介しました。各ツールの特徴や機能を詳しく解説し、それぞれがどのようにビジネスの効率化に貢献するかをご紹介しました。

この記事が、あなたのビジネスに最適なCRMツールを選ぶ際の参考になり、顧客管理の質を向上させる一助となれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次