【簡単に作成!】LINE公式アカウントの作り方を解説!基本から事例までご紹介

LINE公式アカウントの作成は、ビジネスの可能性を広げる第一歩です。

この記事では、初心者でも簡単にLINE公式アカウントを作成し、その活用方法を学べます。

初めての方でも安心して進められるよう、基本的な手順から詳細なポイントまで丁寧に解説します。

これからのビジネス展開に、LINE公式アカウントを有効活用しましょう。

目次

LINE公式アカウントとは?今更聞けない基本

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントは、企業や店舗がマーケティングや顧客サービスを行うための専用アカウントです。

通常のLINEアカウントと異なり、自動応答メッセージやクーポン配布、抽選などのビジネス向け機能を備えています。

これにより、企業は直接顧客とコミュニケーションを取り、サービスの提供や情報の発信が可能になります。

LINEは日本国内で9,500万人以上のユーザーに利用されており(2023年6月末時点)、多くのユーザーにリーチできることが強みです。

このため、LINE公式アカウントは、企業のマーケティング戦略において重要な役割を果たしています。

ビジネスの成長と顧客満足度の向上のために、LINE公式アカウントの活用は欠かせない要素と言えるでしょう。

LINE公式の開設メリット3選

LINE公式 開設メリット

メールマガジンより反応率が高い

LINE公式アカウントは、メールマガジン(メルマガ)と比べて圧倒的に到達率が高いです。

メルマガの場合、配信したメールが迷惑メールとして振り分けられることもあり、開封率は平均して20%程度と言われています。

一方で、配信者は、LINE公式アカウントのメッセージをほぼ100%の確率でLINEアプリに直接届けることが可能です。

そのため、情報の伝達効率が大幅に向上し、ユーザーとのコミュニケーションがよりスムーズになります。

さらに、LINE公式アカウントへの登録は非常に簡単です。

ユーザーはQRコードをスキャンするか、LINE上でアカウント名を検索するだけで登録が完了します。

メルマガのようにメールアドレスを入力する必要がないため、ユーザーの参加障壁を大きく下げることが可能です。

チャットで直接やり取りをできる

LINE公式アカウントのチャット機能は、顧客の疑問や要望に即座に応えることができ、顧客サービスの質を高めてくれます。

リアルタイムでのやり取りは、顧客の満足度を高める重要な要素。

顧客は、自分の問い合わせに対して迅速な反応を得られることにより、企業への信頼を感じることでしょう。

さらに、チャットを通じて得られる顧客からの直接的なフィードバックは、製品やサービスの改善に役立つ貴重な情報源となります。

企業はこれらのデータを活用して、サービスの質を向上させることができます。

集客、ナーチャリングを自動化できる

LINE公式アカウントでは集客とナーチャリング(顧客育成)を自動化することができます。

ステップ配信を用いると、友だち追加からの経過日数に応じて、自動で複数のメッセージを配信可能。

例えば、友だち追加直後にはあいさつメッセージを、その後特定の日数が経過したら商品の紹介やクーポンの提供など、段階を追って情報を送ることができます。

この自動化により、ユーザーの属性やニーズに合わせたメッセージを効率的に配信でき、顧客の関心を持続させることができます。

また、テンプレートを活用することで、配信設定の手間を大幅に削減可能です。

商品購入の促進だけでなく、会員登録や申し込みなどのコンバージョンを高める効果も期待できるでしょう。

LINE公式アカウントによる集客とナーチャリングの自動化は、効率的なマーケティング活動を実現する強力なツールです。

LINE公式を2ステップ作成する方法

LINE公式アカウント 料金

1.スマートフォンでアカウント作成

最初に「LINE公式アカウント」のアプリをダウンロードしてください。

アプリ起動後「LINEアプリで登録・ログイン」または「メールアドレスで登録・ログイン」を選択します。

LINEビジネスIDの作成は、メールアドレスでの登録が推奨されています。

メールアドレスを入力し、送信されたリンクから登録画面に進み、名前とパスワードを設定しましょう。

次に、利用規約に同意し、「登録」ボタンをクリックして登録内容を確認します。登録が完了すると、アカウント作成画面に遷移します。

必要な項目を入力し、再度利用規約に同意した後、「アカウントを作成」を選択すると、アカウントが作成され完了となります。

詳細な手順や追加情報については、公式ページ(こちら)をご覧ください。

2パソコン(WEB版)でアカウント作成

LINE公式アカウントマネージャーのウェブサイトにアクセスし、アカウント作成を行います。

LINEビジネスIDを作成するために、メールアドレスでの登録を行います。メールアドレスを入力し、送信されたリンクから登録画面に進みましょう。

登録画面に進んだら、必要な情報を入力し、利用規約に同意が必要です。

ここでは、アカウント名、プロフィール画像、アカウントの説明を入力します。

ここで入力した情報は、ユーザーがアカウントを検索する際に重要になるため、良く考えてしっかりと設定しましょう。

最後に、入力内容を確認を行い、「アカウントを作成」ボタンをクリックすると、アカウントが作成されます。

詳細な作成手順や追加情報については、公式ページ(こちら)をご覧ください。

LINE公式アカウントの料金について

LINE公式 成功事例
フリープランライトプランスタンダードプラン
利用料金(税込月額)無料5,500円16,500円
無料メッセージ配信200通/月間5,000通/月間30,000通/月間
追加メッセージ購入不可不可可能(〜3円/通)

LINE公式アカウントには、フリープラン、ライトプラン、スタンダードプランの3つの料金プランがあります。

フリープランは無料で、基本的な機能を利用でき、毎月200通のメッセージ配信が可能です。個別チャットがメインの小規模ビジネスにおすすめです。

ライトプランは月額5,000円で、毎月5,000通のメッセージ配信が可能です。中規模のビジネスや個人事業主向けです。

スタンダードプランは月額15,000円で、毎月15,000通のメッセージ配信が可能。

また、スタンダードプランのみ、メッセージ配信数を追加購入することができます。

大規模なビジネスや広範囲のマーケティングに最適です。

LINE公式を使った目的別の成功事例

1.新規顧客獲得(株式会社 再春館製薬所 )

再春館製薬所のLINE公式アカウント活用事例は、デジタルマーケティングの成功例として注目に値します。

メールと比較して最大17.9倍のクリック率を達成し、商品への引き上げ率は1.38倍、リーチ総数は1.45倍に増加。

特に注目すべきは、有人オペレーターによる手厚い顧客ケアの効果で、お肌相談を経た初回注文数が2倍に増加した点です。

また、親しみやすいキャラクター「おもちちゃん」のスタンプを活用し、友だち数は約1,200万人に拡大しました。

参考URL:https://www.lycbiz.com/jp/case-study/line-official-account/saisyunkan/?service=line-official-account&goal=newacquisition&page=4

2.認知度向上(株式会社BAKE)

株式会社BAKEは、LINE公式アカウントを活用して顕著な成果を上げました。

彼らの戦略は、新商品の発売情報や限定キャンペーンの告知を通じて、顧客とのコミュニケーションを強化することを重要視しています。

特に、新商品「焼きたてチーズタルト」の発売は、LINE公式アカウントを通じて大々的に宣伝され、顧客の関心を集めることに成功しました。

この取り組みの結果、BAKEはLINE公式アカウントの友だち数を大幅に増加させます。

友だち数は約1.5倍に増加し、さらに、新商品の発売に伴うプロモーションでは、約3倍の反応率を記録しました。

この実績は、LINE公式アカウントを効果的に活用することで、ブランド認知度の向上と顧客エンゲージメントの強化が可能であることを示しています。

参考URL:https://www.lycbiz.com/jp/case-study/line-official-account/bake/?service=line-official-account&goal=awareness-improvement

LINE公式の自動運用ならば「エルわか」

特徴1:集客・販売

LINE公式アカウントを作成し、運用しているが成果に繋がらないとお悩みですか?そんな時は「エルわか」というLINE自動集客ツールの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

エルわかは、友だち追加後の経過日数やユーザーの属性に応じた自動メッセージ配信を可能にし、集客効果を高めます。

さらに、販売促進機能も充実していることも重要です。決済システムとの連携により、スムーズな商品販売が実現します。予約管理や問い合わせ対応の自動化もサポートし、運用の効率化を行うことが可能となるのです。

特徴2:顧客管理・予約管理

エルわかの顧客管理機能は、友だち追加されたユーザーの詳細情報を収集し、管理することが可能です。

顧客の行動パターンや興味関心を把握し、ターゲットに合わせたマーケティング戦略を実現します。また、流入経路分析により、効果的な広告の分析が可能となるのです。

さらに、エルわかには予約管理機能も搭載されています。LINE上で直接予約手続きを行うことができ、予約状況をリアルタイムで把握し、管理することが可能です。

これにより、予約受付にかかる手間を大幅に減らし、スムーズな予約管理ができます。

特徴3:問い合わせ対応

エルわかでは、問い合わせ内容に応じて自動的にメッセージを即時返信することができ、効率的な顧客対応を可能にします。

例えば、よくある質問や特定のキーワードに対して、あらかじめ設定した応答メッセージを自動で送信することができるのです。これにより、顧客からの問い合わせに対して素早く対応することができ、特に複雑でない問い合わせについては、ほぼリアルタイムでの応答が実現します。

これにより、顧客満足度の向上と業務の効率化が同時に達成できます。

まとめ

この記事では、LINE公式アカウントの作成方法から活用事例、自動運用ツール「エルわか」の特徴まで、幅広く解説しました。

LINE公式アカウントは、顧客とのコミュニケーションを強化し、ビジネスの成長を支える重要なツールです。この記事が、あなたのビジネス展開におけるLINE公式アカウントの活用への一歩となれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次