LINE公式アカウントの料金プランを解説!費用を抑えて効果を出す方法も紹介

「オンラインビジネスのために、LINE公式アカウントの料金プランを知っておきたい!」

この記事は、そんな方に読んでほしい内容です。

ここでLINE公式アカウントの料金プランを理解できれば、オンラインでのビジネス展開をより有利に進められるでしょう。

具体的には、以下の3点を説明しています。

  1. 3種類の料金プランの特徴
  2. 有料オプションを使用する2つのメリット
  3. LINE公式アカウントで、費用を抑えて効果を出す方法

記事を最後まで読めば、LINE公式アカウントを最大限に活用し、ビジネスの成果を高められるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

LINE公式アカウントの料金プラン一覧

LINE公式アカウントの料金プランは、3種類あります。

ビジネスの規模や目的を踏まえて、どのプランを使用するか選びましょう。

詳細は次の項目で説明していきます。

プラン月額料金メッセージ上限追加メッセージ
コミュニケーションプラン0円200通/月不可
ライトプラン5,500円(税込)5,000通/月不可
スタンダードプラン16,500円(税込)30,000通/月〜3円/通

料金プランには、コミュニケーションプラン、ライトプラン、スタンダードプランの3種類があります。

それぞれメッセージ配信の上限数に応じて異なる料金設定です。

コミュニケーションプラン

月額無料で利用できます。

このプランでは、1か月に1,000通までのメッセージが配信可能です。

無料ながらも、基本的な機能は備わっているので、小規模ビジネスや初めてLINE公式アカウントを使う方におすすめですね。

ライトプラン

月額5,500円(税込)で、月5,000通のメッセージが配信可能です。

中規模のビジネスや、より多くの顧客にアプローチしたい方に合っているでしょう。

スタンダードプラン

月額16,500円(税込)で、月30,000通のメッセージを配信できます。

大規模なビジネスや、さらに広い範囲の顧客にアプローチしたい企業に最適でしょう。

スタンダードプランのみ、1通ごとの追加メッセージが送れるのもポイントです。

プランによって利用できる機能が違うので、自社のニーズに合ったプランを選択することが、効果的なLINE公式アカウントの運用につながります。

無料プランと有料プランの違いとは?

2つの違いは、無料で送信できるメッセージ数です。

無料プランは、コストをかけずにLINEを通じた顧客とのコミュニケーションを始められるので、ビジネスが初期段階の方は試しに使ってみるといいでしょう。

有料プランは、無料の枠を超えてより多くの顧客とコミュニケーションを取れるので、中規模から大規模のビジネスで使用するのがおすすめです。

また、有料プラン独自の追加機能やサポートもあるため、ビジネスの成長に合わせてプランをアップグレードしていくのもいいですね。

有料オプションは2種類

有料オプションは、「追加メッセージ」と「プレミアムID」の2種類です。

オプションについての詳細は、次の項目で説明していきます。

追加メッセージ

追加メッセージとは、基本プランで設定されたメッセージ送信数を超えた場合に購入できるメッセージのこと。

送る数が多くなるほど、1通あたりの料金が安くなります。

つまり、大量のメッセージを送る必要がある方は、追加メッセージの購入でコスト削減が可能です。

例えば、ある程度の規模のビジネスを展開しており、顧客との関係を密にするために多くのメッセージを送りたい場合があるでしょう。

そんな時に追加メッセージを利用すれば、コストを抑えつつ、より効果的なアプローチを実現できます。

予め必要なメッセージ数を見積もり、必要な分だけ購入するのがおすすめです。

プレミアムID

LINE公式アカウントのIDを、ビジネス名やブランド名など、希望する独自のIDを設定できるオプションです。

ユーザーがアカウントを探しやすくなり、覚えやすいIDを設定すればブランドの印象を強められますよね。

例えば、あるコーチングサービスが「CoachExpert」という名前でLINE公式アカウントを運用しているとしましょう。

プレミアムIDを利用することで、ユーザーは「@CoachExpert」というIDで直接アカウントを検索できます。

新規顧客の獲得やブランド認知度の向上において大きなメリットだと思いませんか?

2種類のオプションを活用すれば、LINEを通じたビジネスの展開がより一層効率的で効果的になるでしょう。

費用を抑えて効果を出す方法

LINE公式アカウントを使うなら、ぜひ「セグメント配信」と「リッチメニュー」機能を活用してください。

詳細は次の項目で解説していきます。

メッセージを開いてくれそうなユーザーにだけ配信する(セグメント配信)

セグメント配信とは、ユーザーの属性や行動履歴に基づいて、配信するメッセージを細かく分けること。

各ユーザーにとって関心の高い内容のみを届けることができ、メッセージの無駄を減らせます。

その結果、メッセージの反応率を大幅に向上できるというものです。

例えば、リピーターの顧客には特別な割引や新商品の情報を、新規の顧客には会社やサービスの紹介を行うなど、ターゲットに合わせたメッセージを送信できます。

また、セグメント配信では、顧客に適していなかったメッセージによりブロックされるのも防げます。

リピーター向けのメッセージを新規顧客に誤って送信してしまうと、その内容に興味を持たない新規顧客がブロックしてしまうかもしれません。

セグメント配信を利用すれば、リスクを避けつつ、各顧客に適したコミュニケーションを取れるのです。

顧客満足度の向上や、ビジネスの成長に一役買ってくれるでしょう。

リッチメニューにこだわる

リッチメニューとは、LINEアプリの画面下部に表示されるカスタマイズ可能なメニューのこと。

無料で利用でき、顧客がアカウントとやり取りを行う際に直感で操作できるので、非常に高い反応率が見込めます。

特に注目すべきは、リッチメニューをオリジナルで作成できること。

ビジネスのロゴやブランドカラーを用いてデザインすれば、ブランドイメージを強化できます。

また、メニュー項目をカスタマイズすれば、ユーザーがワンタップでショップページや特定のキャンペーンページに直接アクセスできるように設定可能です。

例えば、オンラインショップを運営する場合、リッチメニューに「新商品」「セール」「人気商品」などの項目を設定し、それぞれのリンクを商品ページに直結させられるのです。

これにより、購買へのスムーズな導線を作れます。

リッチメニューは、ビジネスを成長させるためのかなり強力なツールです。

2機能をフル活用して、アカウントの魅力を最大限に引き出し、ビジネスの成功に繋げてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、LINE公式アカウントの料金プランについて解説しました。

これまでの情報を活用すれば、LINE公式アカウントを効率的に運用し、ビジネスの成果を最大化できるはず。

オンラインでビジネスを展開するなら、ぜひこの記事を参考にして、LINEビジネスの導入を検討してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次