LINEビジネスアカウントの使い方を徹底解説!作成方法や活用事例も紹介

「LINEビジネスの使い方がわからないまま導入するのは不安……」

「使い方や実際の活用事例も把握しておきたい」

この記事は、そんな方におすすめです。

LINEビジネスアカウントの使い方を徹底解説し、実際の活用事例を紹介していきます。

読むことで得られる内容は以下の3つです。

  • LINEビジネスの基本的な機能
  • LINEビジネスの登録方法
  • 実際のビジネスシーンで効果があった導入事例

この記事を読むと、LINEビジネスアカウントのさまざまな機能を理解し、自社のビジネスにどのように応用できるのかアイデアが湧くでしょう。

実際の事例を通じて、LINEビジネスアカウントを使った効果的な顧客とのコミュニケーション方法も紹介しています。

自社でLINEビジネスを活用したい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

LINEビジネスとは?

企業や店舗が顧客とのコミュニケーションを取るために有効なツールです。

LINEビジネスを利用すると、企業はLINE上で顧客と直接やりとりできるのがポイント。

普段使用しているアカウントとは違い、一斉配信やステップ配信など、顧客とのコミュニケーションに便利な機能が使えます。

さらに大きな魅力は、顧客とのやり取りをパーソナライズすることで、効率的にプロモーションを行えるところ。

例えば、新商品の案内やセール情報を一斉に配信したり、顧客の質問に対して自動応答機能を使って個別に対応できます。

サービス品質の向上と、コミュニケーションコストの削減ができるでしょう。

また、LINEビジネスを活用すると、企業は顧客との関係をより深められます。

顧客からのフィードバックを直接受け取れるため、サービスの改善や新たな商品開発の参考にも活用できます。

LINEビジネスは、オンライン上でビジネスを行う際に、活用必須のツールと言えるでしょう。

LINEビジネスの使い方

LINEビジネスを使うと、自動応答、一斉配信、リッチメニュー、予約機能、クーポンなど、さまざまな便利機能を活用できます。

こういった機能を使うことで、顧客とのコミュニケーションがスムーズになり、ビジネスの効率が向上するでしょう。

各機能の詳細については、次の項目でさらに深く掘り下げていきます。

自動応答

LINEビジネスの機能の一つに「自動応答」があります。

顧客からの問い合わせやメッセージに対して、あらかじめ設定されたテキストや画像、リンクなどを自動で返信。

よくある質問に対する回答や、店舗の基本情報、キャンペーンの案内などを自動で送る使い方ができます。

この自動応答機能の最大のメリットは、業務の効率化。

人手を必要としていた顧客対応を自動化すると、スタッフの時間や労力が節約でき、他の業務に手を回せます。

顧客からの問い合わせに対しても迅速に対応できるので、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

一斉配信

この機能を使うと、複数の顧客に対して同時にメッセージを送信できます。

新商品の発表、セールやイベントの告知、重要なお知らせなどを素早く効率的に広められるでしょう。

新しいキャンペーンやプロモーションを素早く広めたい人には、非常に便利な機能だと思いませんか?

この機能の利点は、時間と労力を大幅に節約できること。

また、顧客からの反応も一元管理できるので、マーケティングの効果測定が容易になります。

LINEビジネスを使用する大きなメリットといえるでしょう。

リッチメニュー

リッチメニューとは、チャット画面の下部に表示される、カスタマイズ可能なメニューバーのこと。

リッチメニューを通じて、自社の製品やサービスを効率的にPRできます。

その最大の特徴は、視覚的なわかりやすさとアクセスの簡単さです。

ユーザーがチャット画面を開くと、企業が提供するさまざまな情報やサービスが直観的に目に入ります。

例えば、新製品の紹介、キャンペーン情報、店舗の場所や営業時間の案内など、様々な内容をリッチメニューに設定すると良いでしょう。

予約機能

LINEビジネスでは、「予約機能」が使用できます。

この機能は、顧客がLINEを通じて直接予約を行うことが可能です。

サロンやレストラン、イベントなど、予約が必要なビジネスでは非常に便利な機能です。

大きな利点は、顧客が簡単に予約手続きを行えること。

顧客はLINEから直接、日時やサービスを選択し、予約を完了できます。

電話やメールでの予約手続きに比べて、利便性が大幅に向上するでしょう。

予約データは自動的に管理されるため、顧客の予約状況をリアルタイムで把握できます。

状況ごとに適した対応を準備できますよ。

さらに、予約データを分析すれば、顧客の傾向やニーズがわかり、サービス改善にも役立てられるでしょう。

クーポン

LINE上でクーポンを作成すると、顧客に直接配布できます。

割引や特典の付与など、さまざまな内容で設定可能です。

クーポンによって集客数を向上できるでしょう。

LINEという手軽に追加してもらえる媒体のため、新規顧客の獲得やリピーターの増加も期待できます。

LINE上で完結するため、従来の紙ベースのクーポンと比較すると、配布までの工数が大幅に削減できるのもポイント。

さらにうれしい点が、クーポンの利用状況をリアルタイムで確認し、顧客の反応を探れること。

マーケティング戦略の見直しや改善がスムーズに行えます。

手軽に実施できて、その効果も比較的すぐに表れそうなのがクーポン機能の魅力だといえます。

LINEビジネスIDの作成方法

LINEビジネスアカウントを作成する手順は、至ってシンプルです。

公式サイトからアカウント作成を開始し、メールアドレスの登録、名前とパスワードの設定を行い、最後に登録を完了させるだけ。

各ステップの詳細は、以下の項目で説明していきます。

【1】アカウント作成

まず、LINEビジネスIDの公式サイトにアクセス。

サイト上にある「アカウントを作成」ボタンをクリックすると、すぐにアカウントを作成する手順が始まります。

【2】メールアドレスを入力

LINEビジネスで使用するメールアドレスを入力し、アカウントの基本情報を設定します。

ここで登録するメールアドレスは、アカウント管理や連絡先として使用されるため、正確に入力してください。

この際、有料プランを利用する方は、支払い方法の登録が必要です。

個人のLINEアカウントとの連携が必須となるため、LINEが初めての方は、事前に個人アカウントも用意しておきましょう。

【3】名前、パスワードを入力

登録したメールアドレスに届いたURLをクリックすると、LINEビジネスIDの登録画面が開きます。

ここで、ビジネスアカウントの名前とパスワードを設定しましょう。

登録する名前は顧客に表示されるため、マーケティングツールのひとつとして使用できます。

登録した名前は後からでも変更できるため、ご安心ください。

パスワードは、セキュリティのため他人に推測されにくいものにしてくださいね。

【4】登録完了

これまでに入力した情報を確認します。

表示される内容に問題がなければ「登録」ボタンをクリック。

LINEビジネスアカウントの作成が完了し、すぐに利用開始できます。

意外と簡単だと思いませんか?

LINEビジネスの活用事例5選

本項目では、LINEビジネスを活用した5つの実践事例を紹介します。

成功した方法や秘訣も紹介しているので、実際のアカウント運用に役立ててみてくださいね。

【事例1】メッセージにてお得情報を配信後、リピート率2倍

美容室Aでは、LINEビジネスを活用してお得な情報を配信することで、新規顧客の再来率が2倍に増加しています。

内容は、平日の空き時間帯に特別なメッセージを送るというもの。

例えば、「本日限定トリートメントサービス/パーマ・カラーのお客様には、話題のオイルトリートメントを無料で提供」などの内容です。

この結果、わずか4時間で5名の新規顧客が来店し、実際にサービスを利用してくれました。

さらに、新規顧客の3ヶ月以内の再来店数が、以前の8人から16人へと倍増したのです。

LINEビジネスを用いてタイムリーで魅力的な情報を配信すると、顧客に関心をわかせ、実際の来店につながることがわかります。

また、一度来店した顧客のリピート率を高める効果もありました。

【事例2】アンケート調査の回答率アップで店舗ごとの改善点のピックアップが可能に

エンターテイメント事業を展開するB社では、LINEビジネスを活用したアンケート調査で、企業全体の課題を探りました。

LINEビジネスのリサーチページ機能を用いて、サービスの質や商品の多様性などに関する顧客満足度を調査。

顧客から直接フィードバックを得られ、店舗ごとの改善点を特定できたそうです。

そして注目すべきは、その回答率の高さ。

通常、2~3%程度と見込まれた回答率が、このアンケートでは14%を超える結果となりました。

LINEという手軽で身近なツールを使用したことが要因でしょう。

顧客にとって親しみやすく、簡単に回答できる環境があったからこそ、たくさんの貴重な意見を集められたんですね。

【事例3】LINE登録時にクーポン発行後、客単価アップ

ファッションブランドC社は、LINEビジネスを活用して顧客単価を向上させる戦略を実施。

LINEビジネスに友だち登録する顧客に対して割引クーポンを配布しました。

内容は、「5000円以上の購入で500円割引」というもので、かなり魅力的な内容です。

結果、多くの人が追加で商品を購入するようになり、一人当たりの平均購入額が増加しました。

割引クーポンの提供だけでなく、店頭でのチラシ配布からLINEアカウントの追加へ誘導したのも、登録数の増加に大きく関わっているでしょう。

【事例4】LINEでの対応に変更後、電話対応コストを約1/5に削減

人材派遣会社D社は、LINEビジネスを活用して通信コストを大幅に削減しました。

D社は、保育士を中心に人材を派遣しており、登録している保育士とのコミュニケーションにLINEビジネスを使用したのです。

LINEビジネスの利点は、URLを送るだけで簡単に友だち登録ができること。

メール設定の手間が省け、より素早く手軽にコミュニケーションができます。

LINEは「コミュニケーションが取りやすい」「関係を構築しやすい」という特徴があるため、電話やメールよりも効率的にやりとり可能です。

電話の場合、折り返しの必要があったり、連絡が取れないこともありますが、LINEビジネスならそんな問題が少なく、連絡が取りやすくなるでしょう。

【事例5】オリジナルスタンプ作成で売り上げ10%アップ

飲食店E社は、LINEビジネスを活用してオリジナルキャラクターのスタンプを配信し、売上の増加に成功しています。

この施策は、特に女性客の獲得に効果的だったようです。

E社は、ブランドの知名度向上を目指し、個性的なキャラクターをデザインしたスタンプを作成。

LINEユーザーが興味を持ち、E社の「友だち」登録数が3倍まで増えることになりました。

オリジナルスタンプの配信は、純粋な売上増加も期待できます。

E社では、売上が10%増加するという素晴らしい結果に。

ターゲットの関心を引く個性的なコンテンツは、ブランドの認知度向上に貢献してくれることでしょう。

まとめ

LINEビジネスアカウントを活用すれば、業務効率化と顧客満足度の向上が期待できます。

今回は、その機能と実際の活用事例を紹介しました。

ビジネスを展開するなら、顧客との関係構築とビジネス拡大のためにLINEビジネスの活用がおすすめ。

この機会にぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次