【飲食店向け】LINE公式アカウントの導入事例・活用方法をご紹介

LINE公式アカウントの導入は、飲食店業界において効果的なマーケティングツールです。

本記事では、BOTEJYU Groupホールディングス株式会社と長沼精肉店の事例を通じて、顧客コミュニケーションの強化、若年層ファンの獲得、売上増加などにつながるLINE公式アカウントの活用方法をご紹介します。

目次

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントは、企業や個人事業主がビジネスに利用できる専用のLINEアカウントです。

このアカウントを利用することで、企業や店舗はLINEユーザーと直接コミュニケーションを取ることができます。

以前は大企業向けと中小企業向けのサービスに分かれていましたが、現在は一律で「LINE公式アカウント」として統合されており、無料で開設できるようになりました。

LINE公式アカウントは集客効果が高く、飲食店や美容室などの各種実店舗で特に重宝されており、多くの業種で集客に欠かせないツールです​​。

LINE公式アカウントの導入事例をご紹介します

本記事では、「BOTEJYU Groupホールディングス株式会社」「長沼精肉店」の2つの事例をご紹介いたします。

「BOTEJYU Group」では効率的なユーザーコミュニケーションと若年層のファン獲得を目的に、そして「長沼精肉店」では、オンラインでのユーザーコミュニケーションを強化し、売上向上を図るためにLINE公式アカウントを活用しています。

どちらの事例も、LINE公式アカウントを通じて顧客との関係を深め、ビジネス成果を上げるための施策を実施していますので、ぜひこの事例を参考にしてください。

【BOTEJYU Groupホールディングス株式会社】友だち数49万⼈︕ユーザーに来店を促すお好み焼店クーポン活⽤とは

https://www.lycbiz.com/jp/case-study/line-official-account/botejyu/

友だち数49万人!ユーザーに来店を促すお好み焼店クーポン活用とは|LINEヤフー for Business

「BOTEJYU Groupホールディングス株式会社」が展開する「ぼてぢゅう」は、国内外に約100店舗を展開しているモダン焼き発祥の店です。

2017年10月にLINE公式アカウントを開設し、主にクーポンを活用して来店者数の拡大を目指しました。

この取り組みでは、月2回ユーザーの生活サイクルに合わせたメッセージ配信を行い、お得なキャンペーンやデザートプレゼントなどの情報を提供しました。

この施策の結果、各店舗のLINE公式アカウントの友だち数が49万人を超え、新規開店した店舗ではコロナ禍でもクーポンが72件利用されたのです。

導入目的

「ぼてぢゅう」は、LINE公式アカウントを、若年層ファンの獲得、来店の促進を目的に導入を目的にLINE公式アカウントを導入しました。

1946年に大阪府で創業し、国内外で約100店舗を展開している「ぼてぢゅう」は、既存の高齢顧客層に加え、若年層の獲得を目指していました。

紙媒体を中心とした従来の販促方法では、費用対効果が不明確でリーチの範囲が限られていたため、より効率的な情報発信手段としてLINE公式アカウントの導入を選択したのです​​。

実施した施策

2017年10月、ぼてぢゅうブランドをはじめとした48店舗でLINE公式アカウントを開設しました。

ユーザーの生活サイクルに合わせた月2回のメッセージ配信を行い、お得なキャンペーンやデザートプレゼント、各種クーポンを提供しました。

さらに、友だち登録したユーザーに対しては、特定の割引クーポンを提供し、店舗によってはテーブルの上に設置したPOPやスタッフからの声掛けを通じてクーポン利用を促進したのです。

LINE公式アカウントを導入した結果

この一連のクーポン施策の結果、LINE公式アカウントの友だち合計数は49万人を突破。
さらに、2021年8月に新規開店した店舗では、コロナ禍でも72件のクーポン利用を開店月に記録したのです。

2020年10月に配信した「豚石500円クーポン」は、配信直後に最も多く利用され、その後約1ヶ月にわたって週末の利用数が増加しました。

これらの結果から、LINE公式アカウントはリピート効果があり、集客やリピーター育成に効果があるとされています​​。

【長沼精肉店】1度のメッセージ配信でテイクアウト売上20万円! ユーザーとの距離の近さを数字につなげる精肉店のLINE活用

https://www.lycbiz.com/jp/case-study/line-official-account/naganumaseinikuten/

1度のメッセージ配信でテイクアウト売上20万円! ユーザーとの距離の近さを数字につなげる精肉店のLINE活用|LINEヤフー for Business

「長沼精肉店」は1949年に埼玉県加須市で創業した地域密着型の精肉店です。

2017年12月にLINE公式アカウントを開設し、顧客との双方向コミュニケーションを強化し、店舗やECショップの売上向上を目指しています。

特に、LINEを通じたテイクアウト関連のメッセージ配信が効果を発揮し、メッセージ配信後に短時間でテイクアウトの予約枠が埋まり、売上を大きく伸ばしました​​​​​​​​。

導入目的

「長沼精肉店」はオンラインでのユーザーコミュニケーションを強化し、店舗やECショップの売上を向上させることを目的に、2017年12月にLINE公式アカウントを開設しました。

同店は、デジタル販促を担当する長沼愛氏と代表の長沼裕士氏によって運営されており、LINE公式アカウントを活用した取り組みにより顧客との距離を縮め、売上向上を図っています​​。

実施した施策

「長沼精肉店」では、LINE公式アカウントのプロフィールを充実させ、ショップカードやECショップで使用可能なクーポンを提供することで友だち追加を促進。

また、テイクアウトに関するメッセージを配信して注文数を増やし、「長沼精肉店に聞きたいこと」というテーマでユーザーからの質問にLINEチャットで回答することでコミュニケーションを深めました。

これらの施策は、顧客との関係強化と売上増加を目指して実施されました​​​​。

LINE公式アカウントを導入した結果

施策を実施した結果、長沼精肉店は店頭での声がけやWebサイトを通じて友だち追加を促進し、アカウント開設から約3年で2,600人の友だちを獲得しました。

メッセージ配信後は10分ほどでテイクアウトの予約枠が埋まり、約20万円の売上につながっているのです。

また、ユーザーからの要望が多かったレシピをECショップで商品化するなど、顧客のニーズに応える施策も展開しています​​。

まとめ

この記事では、飲食店業界におけるLINE公式アカウントの有効な活用方法と実際の導入事例に焦点を当てご紹介いたしました。

「BOTEJYU Groupホールディングス株式会社」と「長沼精肉店」は、ユーザーコミュニケーションの活性化、若年層のファン獲得、店舗やECショップの売上向上を目的に、LINE公式アカウントを利用し、成功しているのです。

これらの事例から、LINE公式アカウントが顧客との関係強化やビジネス成果の向上に貢献する有力なツールであることが分かります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次